【朗読レッスン】どの言葉を強調するか

スポンサーリンク

4月2日はフェーム朗読教室でのレッスンでした。

そのときに、話題にでたのが、強調すべき(注目すべき)言葉はどれか。
という話です。

例題
頭を振り、何度追い払っても、すぐにまたあの男のことが思い出される。そのたびに怒りがこみあげてくる。

「すぐにまたあの男のことが思い出される」
この部分で、どの言葉を強調すれば、主人公がどうしようもなく、「あの男」のことを思い出してしまう様子が表現できるでしょうか。

「あの男」を強調したい、と考える人もいるかもしれません。
しかし、ここでは「あの男」より「すぐに」もしくは「また」「すぐにまた」を強調するほうが、いらいらした感じを表現できると思いませんか?

「そのたびに怒りがこみあげてくる」はどうでしょう。

「怒り」に目がいきそうですが、強調すると効果的なのは「そのたびに」の方ですね。
怒りたくはないのに、思い出すとそのたびに、怒ってしまう。というやるせない心情なども表現できそうです。

感情が書かれていることばの「前」にある言葉にも注目してみましょう。

ぜひ試してみてください!

強調に関する関連記事
効果的に強調する表現方法
朗読で感情を表現するコツ
抑揚4選

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

※朗読個人レッスン受付中(スカイプは利用していないという人の為に、電話でのレッスンも行なっています

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。