【入門者向】朗読をはじめるときのおすすめ記事5選

スポンサーリンク

「これから朗読をはじめてみようかな」「朗読はどうやって勉強していけばいいんだろう」と悩まれている方に、「楽しくなる朗読術」の中からおすすめの記事を、勉強する順番で紹介します。

スポンサーリンク




用語に慣れましょう

まず、朗読の本を読んだり、サークルに参加したりしても、必ず「用語」が出てきます。そのときに用語の正しい意味を理解しておかないと、話がわからなくなってしまいますので、まずは、用語の意味を知っておきましょう。

用語について
朗読の勉強でよく使う用語解説(1)
朗読の勉強でよく使う用語解説(2)

で、詳しく紹介しています。

題材を選びましょう

用語がわかれば、次に朗読を練習する題材を選びます。
初心者も、上級者も題材選びは悩むものです。

題材の選び方は
【入門者向け】朗読の題材選びのコツ
で、紹介しています。

声に出して読む前に下準備をしましょう

題材が決まったら、次にやってほしいのが、下準備です。

朗読をする前の5つの下準備

下準備がしっかりできているかどうかで、「読みやすさ」が違ってきます。

声に出して読みましょう

いきなり、「感情をこめて読める」わけではありません。
次のステップを踏み、楽しみながらやってみてください。
【初心者向け】楽しみながら朗読をする6のステップ

まとめ

用語を知り、題材を選び、下準備し、声に出して読む、という流れにそっておすすめ記事をピックアップしました。

何か新しいことをはじめると、今までの日常も変わってきます。

ぜひ朗読を通して新しい自分を発見してくださいね。

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

個人レッスン受付中(スカイプ以外にも電話でレッスンも開始)

////////管理人ひとりごと///////////////
先日東大寺に行ってきました。
いや~すごい鹿の数(笑)
残念ながら東大寺の中まで入れなかったので、
南大門の仁王像はじっくり見てきましたよ。
えー足元はこんなになっているのか!知らなかった~
今度は、大仏殿に入りたい!
(2016.05.16記)
/////////////////////////////////////

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする