上達一覧

【上級者向け】「強調する・しない」の読みわけ方

朗読をするときには、「この言葉を目立たせたい」と思う言葉は強調(プロミネンス)して読みます。しかし、「目立たせたいと思っているのに、目立たない」「目立たせたくないのに、目立ってしまう」という現象が発生してしまう事があります。その理由はどこにあるのか、を大阪朗読教室の講師が音声付で解説しています。

朗読で臨場感を出す読み方のコツ

朗読の「一本調子を直したい」「読んでいる、という感じがする」「自然に読みたい」などの読み方を変える事ができるのが緩急です。どんな場面で緩急を使えばいいか、大阪朗読教室講師が音声付で解説しています。

朗読で説得力を増す読み方の練習方法

「ちゃんと読めているんだけど、なんとなくものたりない」「なんとなく相手に届いていないような気がする」ということはありませんか?朗読でも「説得力」が必要です。今日は、説得力がます読み方をするための練習方法を大阪朗読教室講師が解説しています。

【上級者向け】朗読の極意は”力を抜く”ことにあり!?

「朗読を上手に読みたい」「わかりやすく読みたい」「表現豊かによみたい」などなど読み手の思いが強ければ強いほど、読むことに一生懸命になりがちです。「伝えたい」思いが強いがゆえに、すべての言葉が強調されてしまったりします。今日は、力を抜くとどういう効果があるのかを大阪の朗読教室講師が音声付で解説しています。

聞き手に正確に伝わる読み方のコツ

朗読をするときは「相手に伝わるか」ということを、いつも意識されていると思います。「相手に伝わる」だけではなく、「正確に」伝わらないといけません。正確に伝えるには「まとまり」「つながり」を考える事が重要です。大阪の朗読教室講師が音声付で、聞き手に正しく伝わる読み方のコツを紹介します。

【初心者向け】楽しみながら朗読をする6のステップ

「朗読を始めたけれども、今一つ楽しめない」「朗読は難しい」などネガティブな印象をもっている方がいらっしゃるかもしれません。 そこで今日は、「楽しさがわからない」という方、まだ朗読をやったことがない方へ、どういうふうに「楽しくなっていくのか」をステップごとに楽しさランク★とともに大阪の朗読教室講師が紹介していきます。

【初心者向け】朗読が上達する練習方法

朗読が上達するコツは、「自分の読み方を客観的に見れるか」ということも重要なポイントのひとつです。自分の読み方を客観的にみることで、「人にどう聞こえているか」を知ることができます。そうすればどこをどう直せばいいか、はっきりしてきます。即効性のある練習方法です。ぜひ試してみてください。

朗読を上達させる近道

「朗読がうまくなりたい」「何年もかけずに、もっと早く上達したい」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ポイントは「練習のための練習」ではなく本番のための「本気の練習」をすることです。「本気の練習」をすることが上達への近道です。大阪の朗読教室講師が方法を紹介しています。

スポンサーリンク