朗読一覧

【初心者向け】ゆっくり読みたい・早口で読みたい

朗読を始めたばかりの方は、往々にして「早口」な方が多いです。「早口なので、もっとゆっくり話せるようになりたい」という悩みを持っている方もいるのではないでしょか。逆に「ゆっくりすぎて間延びしてしまう」という悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今日は、大阪の朗読教室講師がゆっくり読む・早口(速く)で読むコツを紹介します。

【上級者向け】「強調する・しない」の読みわけ方

朗読をするときには、「この言葉を目立たせたい」と思う言葉は強調(プロミネンス)して読みます。しかし、「目立たせたいと思っているのに、目立たない」「目立たせたくないのに、目立ってしまう」という現象が発生してしまう事があります。その理由はどこにあるのか、を大阪朗読教室の講師が音声付で解説しています。

朗読の抑揚のつけかた4選

もっと抑揚をつけて、言われるけど、どうすればいいかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。「抑揚」とだけ言えば、解釈がかなり広くなりますが、今回は「間(ま)」「緩急」「高低」「強弱」を使えば、どう印象が変わるかを大阪朗読教室講師が音声付で紹介しています。

朗読が「単調」「盛り上がらない」を解決するコツ

朗読でひとつの作品を試行錯誤しながら、練習を繰り返しても、「なんとなく単調になってしまう」「山場が盛り上がらない」という悩みにぶちあたることがあります。そんなときは、間(ま)の長さや緩急を使って変化をつけましょう。大阪朗読教室講師が音声付で間(ま)の長さの考え方や緩急のつけ方を紹介しています。

朗読が相手に「届く」か「届かない」かの違いは?

朗読のイベントやサークル内の朗読の発表会など、大勢の前で朗読する場合、「伝わってくるなぁ」と感じるときと、「うまいんだけど、なんとなく伝わってこないなぁ」と感じるときがあります。朗読が相手に届くか届かないかの違いはどこにあるのでしょうか。大阪の朗読教室講師が解説します。

スポンサーリンク