朗読一覧

朗読が上達するコツや考え方などを紹介しています。間(ま)、緩急などの使い方などを実際の音声付で紹介しています。

NO IMAGE

古典を朗読するときの練習のコツ

朗読する作品は、現代小説、エッセー、絵本、児童文学などいろいろありますが、古典も朗読作品としてあります。しかし「古典は難しい」「苦手」という方もいらっしゃると思いますが、古典に挑戦するときの練習方法にはコツがあります。大阪朗読教室講師が古典の練習のコツを紹介しています。

NO IMAGE

朗読会の会場探しのヒント

朗読会の会場探しは案外難しいものです。会場の雰囲気も朗読会では重要な要素です。なんとなく落ち着かない雰囲気の場所だと朗読には集中できませんよね。そこで会場としてどんな場所があるのかを記事にしました。朗読会会場探しの参考にしてください。

NO IMAGE

朗読で「」かぎかっこの中の読み方

朗読をするときに、作品中にでてくるカギカッコ。そのカギカッコ内の文章をどう朗読するか迷ったことはありませんか?地の文のように読むのか。セリフのように読むのか。大阪朗読教室講師が音声付きで解説しています。

NO IMAGE

朗読を聴くことができるサイト一覧

朗読を練習するときに、「見本が聞きたい」、とか、「ほかの人が読んでいるのを聞きたい」と思うことがあります。朗読が聞けるサイトを4つ紹介しています。自分の練習のために聴くもよし、純粋を朗読を楽しむために聴くもよし、癒しのために聴くもよし。参考にしてください。

NO IMAGE

本との出会いの場

朗読する作品、朗読したい作品とはどうやって出会っていますか?普段なら手に取らないような本との出会いの場所となる書店を紹介しています。

NO IMAGE

朗読と読み聞かせの違いは?

よくある質問で「朗読と読み聞かせはどう違うのですか?」というのがあります。「朗読と語りはどう違いますか?」「朗読と朗読劇はどう違いますか?」「語りと一人芝居はどう違いますか」などもよくある質問です。今日は読み聞かせと朗読の違いを、大阪朗読教室講師が解説しています。

NO IMAGE

【朗読ワンポイント】聞き手を置いてけぼりにしない

朗読を聞いている人は、耳からだけの情報でストーリーを理解していきます。ちゃんとストーリーについてきてもらうためには、朗読する人が聞き手に「この言葉は大事」や「この言葉覚えておいて」という気持ちで読むことが大事です。そんなポイントを大阪朗読教室講師が解説しています。

スポンサーリンク