詩をどう朗読すればよいか

朗読は、昔話や民話、日本文学、現代小説、古典など、いろいろな作品を読むことができますが、そんな中でも読み方が難しいのが「詩」です。大阪の朗読教室講師が詩を読むときに考えるべきことを紹介しています。

朗読のセリフを読むときのコツ

朗読では、地の文とセリフがあります。地の文の表現はわかるけど。セリフをどう読めばいいか、セリフが苦手、という方もいらっしゃると思います。セリフに悩む方へ、少しヒントになればと思い、今日はセリフを読むときにどう考えればいいかを大阪の朗読教室講師が紹介します。

朗読で感情を表現するコツ

「もっと感情を込めて朗読したい」または「もっと悲しそうに読んで」「もっとうれしそうに読んで」など言われたことがある人もいらっしゃるかもしれません。 今日は、感情(気持ち)と朗読をするときの声の表現を考えてみたいと思います。表現のヒントは日常生活にあります。大阪朗読教室講師が音声付で解説しています。

朗読が上手に聞こえる「抑揚」より効果的なもの

朗読がうまくなりたい、と思い、どうやれば「抑揚がつけられるか」「もっと抑揚をつけなくては」と考えている方が多いかもしれません。このブログも「抑揚」というキーワードで検索して、こられている方が多いです。しかしながら、私のブログでは「抑揚」に関連する記事は少ないです。なぜなら、抑揚よりもっと効果的な表現力があるからです。それは、「緩急」と「間(ま)」です。具体例を大阪の朗読教室講師が音声付で紹介しています。

【初心者向け】ゆっくり読みたい・早口で読みたい

朗読を始めたばかりの方は、往々にして「早口」な方が多いです。「早口なので、もっとゆっくり話せるようになりたい」という悩みを持っている方もいるのではないでしょか。逆に「ゆっくりすぎて間延びしてしまう」という悩みの方もいらっしゃるかもしれません。今日は、大阪の朗読教室講師がゆっくり読む・早口(速く)で読むコツを紹介します。

【上級者向け】「強調する・しない」の読みわけ方

朗読をするときには、「この言葉を目立たせたい」と思う言葉は強調(プロミネンス)して読みます。しかし、「目立たせたいと思っているのに、目立たない」「目立たせたくないのに、目立ってしまう」という現象が発生してしまう事があります。その理由はどこにあるのか、を大阪朗読教室の講師が音声付で解説しています。

スポンサーリンク