朗読のセリフで喜怒哀楽を表現するコツ

スポンサーリンク

こんにちは!
朗読のコツを紹介している朗読講師のさとうです。

朗読では地の文、セリフの文があります。

みなさんはセリフって好きですか?
セリフが好き!という方と、セリフは苦手、という方に分かれるかもしれませんね。
ちなみに私はセリフは苦手です(^^;

セリフでは、登場人物の喜怒哀楽が表現されています。

それを、いかに「わざとらしくなく」「読み手の感情を聞き手に押し付けずに」「聞き手に想像」してもらうように読むか、というのは非常に難しいものですね。

そこで、今日はセリフを読むときのちょっとしたコツを紹介します。

本日の題材です。

「お前は何を考えているのだ。」と、横柄に言葉をかけました。
(中略)
「ほんとうですか。」
杜子春は驚いて、伏せていた眼を挙げました。
「杜子春」芥川龍之介

スポンサーリンク




語尾を「上げる」「下げる」「伸ばす」

まず、「お前は何を考えているのだ」という言葉だけに注目してみます。
(横柄に~、と続く文章は今回は考えません)

「いるのだ」の「だ」を上げてみる、下げてみる、少し伸ばしてみる、などの変化をつけるだけでも印象が違ってきます。

では「だ」だけ、読み方を変えた音声をお聞きください。3つ音声が続きます。

「だ」を上げると、相手の答えを聞きたい、とか、やさしさ、などが表現できます。
下げると、断定や相手を責めるような表現
「だ」を少し短めで上げると、イライラした感じなどが表現できますね。

杜子春のこの場面では、セリフの後に「横柄に言葉をかけた」と続くので、やさしさの雰囲気(上げる調子)を出すと違和感がありますね。

緩急を使う

緩急を使いこなすことは、朗読のどんな場合でも、一番効果的に表現することができます。
セリフでも同じです。

3つの音声をお聞きください。
速く、遅く、速い部分遅い部分の組み合わせです。

「おまえは何を考えているのだ」が
速く言うと、責めている、怒っている感じ
遅く言うと、心配している感じ
混ぜると、あきれている感じ、などを表現できます。

語尾の上げ下げ、緩急をまぜて使う

では、語尾の調子や緩急をまぜたいろいろなパターンの「ほんとうですか」をお聞きください。4つ音声が続きます。

いかがですか?一つの言葉でも読み方によって感じ方が違ってきますよね。
杜子春では「ほんとうですか」のあとに「驚いて」と文章が続きますので、速く読むのが驚いた雰囲気を出せますね。

まとめ

セリフを読むときは
「語尾を上げたり、下げたり」
「速く読んだり、遅く読んだり」
など、いろいろなパターンを試してみてください。

上記ができるようになったら、そこに「間(ま)」を入れるともっと表現の幅が広がります。

先ほどの「ほんとうですか」も間(ま)を大きく開けてからゆっくり読むと、ただ速く読むよりも、さらに心底驚いた、という雰囲気が出せますね。

いろいろな読み方を試してみてセリフを楽しんでみてください!

★————————————★
朗読をこれから始める方向けに
「朗読ってどう読めばいいの?」講座(東京)を開催します!
2017年9月9日(土)13:00~
講座紹介ページをご覧ください

★————————————★
管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

★————————————★
朗読個人レッスン受付中

発表会が近いので誰かにチェックしてもらいたい!
まわりから、アドバイスを受けるけれども、うまくならない!
いまよりうまくなりたい!
1回だけのレッスンだけど、「悩みが解決できた」と実感できるレッスンです。

スカイプを利用していない方のために、電話でのレッスンも行なっています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。