「文章を自然体で読む」文章読み個人レッスン

「朗読」でも「ナレーション」でもない。

「文章の意味が伝わるようにスムーズに読む」ことをめざすレッスンです。

文章を読むと棒読みになってしまう
文章を読むときに、すらすら読めず、たどたどしくなってしまう

もっとスマートに読めたらいいのに。

そんな願いをかなえるレッスンです。

読み方にはコツがあります。

コツを紹介しながら、個人個人にあわせたペースでレッスンをしていきます。

本来、声を出す、ということはリラックス効果やストレス発散などの効果がありますが
読むのが苦手、という方は、「声に出して読む」ということ自体が苦痛になってしまっているかもしれません。

文章を思い通りにすらすらと読めるようになれば、声を出すことも苦痛ではなくなるかもしれません。

ところで、「文章を自然体で読む」とは、どういうことでしょう。

力まず、意味のまとまりを考え、相手に伝わるように読む、ということです。

「流ちょうにすらすら間違わずに読める」だけでは、相手に伝わらない場合もありますね。

めざすは、聞き手から
「すごく聞いてわかりやすい」
「すーっと意味が入ってくる」
と言われることです!

心の片隅に「自然に読めるようになれればいいなぁ」という想いを
持っていた。
そんな方へ向けたレッスンです。

※ご注意:このレッスンは小説や説明文など書かれている文章を読むレッスンです。
スピーチ原稿やプレゼン原稿を読むレッスンではありません。

レッスン内容

個人個人の状況に応じて、短い文章での練習、長い文章での練習などを行います。

全く初めてという方には、最初は小説ではなく、簡単な国語の教科書に出てくるような文章からスタートします。
過去記事「朗読で「まっすぐ読む」とは」「【朗読レッスン】一文が長いときは、文をわける」、「一文が長い文章を朗読するコツ」、「朗読の極意は”力を抜く”ことにあり!?」で紹介しているような内容でレッスンします。

「自然体で読む」のイメージを解説した音声をお聞きください。

※ご注意:朗読のように「感情を込める」や「表現力をつける」ということは行いません。

こんなかたにおすすめ

「朗読には興味はないけれど、スムーズに文章が読めるようになりたい」
「書かれている文章をすらすら読めるようになりたい」
「棒読みにならずに、読めるようになりたい」
「へんなくせがついてしまっているので、もっと自然に読めるようになりたい」
「音訳をやっているけど、わかりやすく読むができない」

そんな悩みをお持ちの方のためのレッスンです。

受講スタイル

・電話  携帯電話 固定電話・スマホ いずれでも結構です(通話料は当方負担)
・スカイプ
・対面(大阪近郊)

レッスン可能日および料金

1回25分 2,500円

レッスンは月曜日・金曜日は昼間の時間帯も可能です。

ご希望の日にちをお知らせください。相談して決めましょう。

受講の流れ

STEP1、申込フォームからお申込みください。
STEP2.レッスン日等について詳細をお知らせするメールとレッスンで使用する原稿をお送りいたします。
STEP3.レッスン日レッスン実施
STEP4.復習アドバイス動画のURLと振込口座をメールでご連絡いたします。
STEP5.送られてきたURLをクリックし、音声動画をご覧ください。
STEP6.料金を銀行振込(手数料当方負担)でお支払願います。

よくある質問

Q このレッスンは音読のレッスンですか?
A 音読というと、ただ言葉を一音一音しっかり発声する、というイメージがあります。
このレッスンは「ただ発声する」ではなく、文章を意味をとらえて、文のまとまり
意味のまとまりで読んでいく、ということを重視します。
Q プレゼンテーションやスピーチのときに棒読みになってしまうのですが、
それを改善するためこのレッスンは向いていますか?
A スピーチを前提している原稿の読み方ではありません。
スピーチを前提している場合は、「説得する」という要素も出てきますので、
音声表現は不可欠です。このレッスンでは、書かれている文章を自然に読めるようになることを目標としています。
Q 1回のレッスンで効果はありますか?
A 今までの経験や、癖の強さによりますが、継続して受講されることをお勧めします。

お申込みフォーム

■お名前 (ハンドルネームでも可)

■メールアドレス (必須)
入力間違いがあるとご連絡できません。入力間違いがないか再度ご確認をお願いいたします。

文章読みレッスン希望日

■連絡事項
(記入例)希望時間帯や受講動機など(希望日は申込日より4日以降をご指定願います)

上記入力できましたら、「送信」ボタンを押してください。

朗読個人レッスン希望の方は、朗読個人レッスンのページをご覧ください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする