朗読一覧

朗読発表会作品(題材)選びのポイント

朗読のコツを紹介しているさとうです。朗読発表会に参加する、となると、一番の悩みはどの作品にするか、です。作品選びが一番難しいですね。今回はどうやって作品を選べばいいか大阪朗読教室講師が選び方のポイントを紹介しています

朗読をいきいきさせる「こそあど」言葉

朗読がうまく聞こえるようになりたい、もっと上手に読みたいというときに、案外見落としがちなちょっとした言葉に注目してみましょう。その言葉に表現をいれることで、ぐっと朗読がいきいきとしてきます。大阪朗読教室講師が音声付きで解説しています。

NO IMAGE

平坦な朗読にめりはりをつけるコツ

朗読をしていてもなんとなく聞いてもらえている気がしない、なんだか平坦な気がする。そんなときには一音目に意識を向けてみましょう。一音目を変えると、メリハリがついたように聞こえます。大阪朗読教室講師が音声付きで解説をしています。

NO IMAGE

音訳をされている方におすすめ記事5選

朗読、音訳、ナレーション、すべて「書かれている文字を声に出して相手に伝える」というものですが、それぞれに目的が違います。目的が違うと求められるものも違うため、読み方も違いますよね。今回は音訳をされているかたに役立つかな?と思う記事を大阪朗読教室講師が抜粋で紹介しています。

NO IMAGE

古典を朗読するときの練習のコツ

朗読する作品は、現代小説、エッセー、絵本、児童文学などいろいろありますが、古典も朗読作品としてあります。しかし「古典は難しい」「苦手」という方もいらっしゃると思いますが、古典に挑戦するときの練習方法にはコツがあります。大阪朗読教室講師が古典の練習のコツを紹介しています。

NO IMAGE

朗読会の会場探しのヒント

朗読会の会場探しは案外難しいものです。会場の雰囲気も朗読会では重要な要素です。なんとなく落ち着かない雰囲気の場所だと朗読には集中できませんよね。そこで会場としてどんな場所があるのかを記事にしました。朗読会会場探しの参考にしてください。

NO IMAGE

朗読で「」かぎかっこの中の読み方

朗読をするときに、作品中にでてくるカギカッコ。そのカギカッコ内の文章をどう朗読するか迷ったことはありませんか?地の文のように読むのか。セリフのように読むのか。大阪朗読教室講師が音声付きで解説しています。

スポンサーリンク