上達一覧

朗読での間(ま)の使い方応用3選

朗読の上達に欠かせない間(ま)の使い方。ただ間(ま)をあけるだけでは不十分です。より表現力豊かに朗読するためには、いろいろな長さの間(ま)をいれることが重要です。間(ま)の長さはどう変えていけばいいのか、大阪の朗読教室講師が音声付で紹介しています。

朗読での間(ま)の使い方基本4選

朗読上達には欠かせないのが間(ま)です。朗読で一番重要なものは間(ま)であり、一番難しいのも間(ま)です。間(ま)をあけることで、聞き手の人に考えてもらう、想像してもらう時間がとれる、という効果があります。大阪の朗読教室で教えている朗読講師が基本的な間(ま)の使い方を4種類紹介しています。

朗読で「まっすぐ読む」とは

朗読で「まっすぐに読む」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。「まっすぐに読む」文章をまとまりで考えて読む、ということです。まとまりで考えることが上達への道です。朗読講師が音声付で紹介しています。

朗読するときの表現方法を考える手順

朗読講師が教える楽しくなる朗読術です。表現力をつけてもっとうまくなりたいと考えている方も多いと思います。ではどんなふうに「表現」をつけていくのか、その手順を大阪朗読教室講師が音声付きで解説しています。

スポンサーリンク