発表会一覧

朗読の発表会を前にしている方へおすすめ記事です

詩をどう朗読すればよいか

朗読は、昔話や民話、日本文学、現代小説、古典など、いろいろな作品を読むことができますが、そんな中でも読み方が難しいのが「詩」です。大阪の朗読教室講師が詩を読むときに考えるべきことを紹介しています。

朗読が相手に「届く」か「届かない」かの違いは?

朗読のイベントやサークル内の朗読の発表会など、大勢の前で朗読する場合、「伝わってくるなぁ」と感じるときと、「うまいんだけど、なんとなく伝わってこないなぁ」と感じるときがあります。朗読が相手に届くか届かないかの違いはどこにあるのでしょうか。大阪の朗読教室講師が解説します。

朗読発表会の作品(台本)探し方ヒント

朗読発表会が近づくと、みなさんが頭をいためるのが「どの作品にしようか」ということではないでしょうか。朗読家でない限り、一般の方が発表会で与えられる時間は5~6分ぐらいかと思います。5~6分で聞いている人にわかりやすい話を選ばないといけない、というのは難しい事ですね。インターネットで作品(台本)を探す方法を紹介します。

朗読をする前の5つの下準備

上手に朗読をするためには、朗読技術だけではなく、それに入る前の準備も重要です。実際に声に出して本を読む前の準備をいかに行うかによって、スムーズに読めるかどうかが決まってきます。スムーズに読める、ということは、自分も物語の中身に集中できるということです。大阪朗読教室講師が、下準備の方法を具体的に紹介しています。

スポンサーリンク