抑揚一覧

表現力とは「ポーズ」「イントネーション」「プロミネンス」などです。抑揚(イントネーション)とは、どういう効果があるのか、どんな時に使うと効果的なのか、などを朗読講師が音声付で紹介しています。

朗読の抑揚のつけかた4選

もっと抑揚をつけて、言われるけど、どうすればいいかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。「抑揚」とだけ言えば、解釈がかなり広くなりますが、今回は「間(ま)」「緩急」「高低」「強弱」を使えば、どう印象が変わるかを大阪朗読教室講師が音声付で紹介しています。

【上級者向け】朗読の極意は”力を抜く”ことにあり!?

「朗読を上手に読みたい」「わかりやすく読みたい」「表現豊かによみたい」などなど読み手の思いが強ければ強いほど、読むことに一生懸命になりがちです。「伝えたい」思いが強いがゆえに、すべての言葉が強調されてしまったりします。今日は、力を抜くとどういう効果があるのかを大阪の朗読教室講師が音声付で解説しています。

【初心者向】明るい読み方、落ち着いた読み方のコツ

声の低い方の悩みでよく聞くのが「どんな作品を読んでも暗くなる」です。 しかし声の高い方の悩みは「どんな作品を読んでも軽くなってしまう」というものです。声が高さが低い、高い、というのも、朗読のイメージに多少影響は与えますが、声の高さだけが「明るい」「暗い」を決めているわけではありません。今日は、声が低くても「明るく」、声が高くても「落ち着いた」雰囲気で読むコツを大阪朗読教室の講師が音声付で紹介します。

聞き手に正確に伝わる読み方のコツ

朗読をするときは「相手に伝わるか」ということを、いつも意識されていると思います。「相手に伝わる」だけではなく、「正確に」伝わらないといけません。正確に伝えるには「まとまり」「つながり」を考える事が重要です。大阪の朗読教室講師が音声付で、聞き手に正しく伝わる読み方のコツを紹介します。

朗読の奥行きが出る読み方のコツ

情景が思い浮かぶような朗読がしたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。情景が思い浮かぶようにするためには、文章を立体的に表現し、奥行きを持たせることが重要です。今日は、朗読で奥行きをを持たせる読み方のコツを大阪朗読教室講師が音声付で解説します。

語尾だけで朗読の印象を変えるコツ

朗読を行うときに、語尾に気を使っていますか?語尾の扱い方を意識的に変えることで、朗読全体の雰囲気を変えることができます。明るい雰囲気にしたい、暗い雰囲気を出したい、続きがあるような雰囲気を出したい、などを実は語尾で表現することができるのです。大阪の朗読教室講師が語尾の扱い方いろいろなパターンを音声付で紹介しています。

朗読の勉強でよく使う用語解説(1)

朗読を、本や教室で勉強するときに「イントネーションをつけて」「ポーズが足りない」「表現力をもっとつけて」など、いわゆる「専門用語」が書かれていたり、専門用語で指導されたりします。その時に用語の意味を正しく理解していなければ、何をどう直せばいいかわからないですね。大阪の朗読教室講師が朗読を勉強するときによく使う専門用語を音声付で解説しています。

スポンサーリンク