朗読のセリフで距離間を表現するコツ

朗読では地の文とセリフがあります。朗読のセリフでは、会話しているひとがどれぐらいの距離間なのかを音声で表現しないといけません。そんなときのちょっとした表現のコツを朗読講師が音声付で紹介します。会話文などは、声の高さを変えることで距離感を表現することができます。

朗読するときの表現方法を考える手順

朗読講師が教える楽しくなる朗読術です。表現力をつけてもっとうまくなりたいと考えている方も多いと思います。ではどんなふうに「表現」をつけていくのか、その手順を大阪朗読教室講師が音声付きで解説しています。

はじめに

朗読の魅力はなんでしょう。想像すること、表現すること、声を出すこと、聞き手を魅了すること、などなど、魅力満載であるがゆえに考え方も人それぞれです。朗読に正解はありません。だからこそ難しく面白いのかもしれません。

スポンサーリンク