朗読の勉強でよく使う用語解説(1)

朗読を、本や教室で勉強するときに「イントネーションをつけて」「ポーズが足りない」「表現力をもっとつけて」など、いわゆる「専門用語」が書かれていたり、専門用語で指導されたりします。その時に用語の意味を正しく理解していなければ、何をどう直せばいいかわからないですね。大阪の朗読教室講師が朗読を勉強するときによく使う専門用語を音声付で解説しています。

【初心者向け】朗読が上達する練習方法

朗読が上達するコツは、「自分の読み方を客観的に見れるか」ということも重要なポイントのひとつです。自分の読み方を客観的にみることで、「人にどう聞こえているか」を知ることができます。そうすればどこをどう直せばいいか、はっきりしてきます。即効性のある練習方法です。ぜひ試してみてください。

朗読を上達させる近道

「朗読がうまくなりたい」「何年もかけずに、もっと早く上達したい」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ポイントは「練習のための練習」ではなく本番のための「本気の練習」をすることです。「本気の練習」をすることが上達への近道です。大阪の朗読教室講師が方法を紹介しています。

朗読で1行目から気持ちをのせるコツ

朗読をするときに、「後半はうまく気持ちをのせて読むことができたのに、前半が今一つ」という経験はありませんか?冒頭から気持ちをのせるためには、意外な方法で解決することができます。朗読の技術ではなく、だれでもできる裏技を大阪朗読教室講師が紹介しています。

朗読が暗く聞こえる理由

朗読を上手く読みたい、だけど暗くなってしまう、という悩みを持っていらっしゃる方もいると思います。暗く聞こえるには原因があります。暗く聞こえる原因と対策を大阪の朗読教室講師が音声付で紹介しています。

朗読のセリフで喜怒哀楽を表現するコツ

朗読でセリフが苦手という人もいらっしゃると思います。セリフの中に隠れている喜怒哀楽を効果的に表現するために、ちょっとしたコツがあります。その極意は語尾の扱いとと緩急です。大阪の朗読教室講師が音声付で解説しています。音声を聞きながら練習してみてください。

朗読での間(ま)の使い方応用3選

朗読の上達に欠かせない間(ま)の使い方。ただ間(ま)をあけるだけでは不十分です。より表現力豊かに朗読するためには、いろいろな長さの間(ま)をいれることが重要です。間(ま)の長さはどう変えていけばいいのか、大阪の朗読教室講師が音声付で紹介しています。

朗読での間(ま)の使い方基本4選

朗読上達には欠かせないのが間(ま)です。朗読で一番重要なものは間(ま)であり、一番難しいのも間(ま)です。間(ま)をあけることで、聞き手の人に考えてもらう、想像してもらう時間がとれる、という効果があります。大阪の朗読教室で教えている朗読講師が基本的な間(ま)の使い方を4種類紹介しています。

朗読で「まっすぐ読む」とは

朗読で「まっすぐに読む」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。「まっすぐに読む」文章をまとまりで考えて読む、ということです。まとまりで考えることが上達への道です。朗読講師が音声付で紹介しています。

スポンサーリンク