朗読の基本とは何か

「朗読の基本を教えてほしい」「基本ができていないからダメなんです」という声をよく聞きます。今日は改めて「基本とは何か」を考えてみたいと思います。大阪朗読教室講師が、基本とは何か、どう克服すればいいかを紹介しています。

朗読発表会の作品(台本)探し方ヒント

朗読発表会が近づくと、みなさんが頭をいためるのが「どの作品にしようか」ということではないでしょうか。朗読家でない限り、一般の方が発表会で与えられる時間は5~6分ぐらいかと思います。5~6分で聞いている人にわかりやすい話を選ばないといけない、というのは難しい事ですね。インターネットで作品(台本)を探す方法を紹介します。

【初心者向】明るい読み方、落ち着いた読み方のコツ

声の低い方の悩みでよく聞くのが「どんな作品を読んでも暗くなる」です。 しかし声の高い方の悩みは「どんな作品を読んでも軽くなってしまう」というものです。声が高さが低い、高い、というのも、朗読のイメージに多少影響は与えますが、声の高さだけが「明るい」「暗い」を決めているわけではありません。今日は、声が低くても「明るく」、声が高くても「落ち着いた」雰囲気で読むコツを大阪朗読教室の講師が音声付で紹介します。

聞き手に正確に伝わる読み方のコツ

朗読をするときは「相手に伝わるか」ということを、いつも意識されていると思います。「相手に伝わる」だけではなく、「正確に」伝わらないといけません。正確に伝えるには「まとまり」「つながり」を考える事が重要です。大阪の朗読教室講師が音声付で、聞き手に正しく伝わる読み方のコツを紹介します。

朗読をする前の5つの下準備

上手に朗読をするためには、朗読技術だけではなく、それに入る前の準備も重要です。実際に声に出して本を読む前の準備をいかに行うかによって、スムーズに読めるかどうかが決まってきます。スムーズに読める、ということは、自分も物語の中身に集中できるということです。大阪朗読教室講師が、下準備の方法を具体的に紹介しています。

朗読の奥行きが出る読み方のコツ

情景が思い浮かぶような朗読がしたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。情景が思い浮かぶようにするためには、文章を立体的に表現し、奥行きを持たせることが重要です。今日は、朗読で奥行きをを持たせる読み方のコツを大阪朗読教室講師が音声付で解説します。

【入門者向け】朗読の題材選びのコツ

「今から朗読を始めたい。だけどどんな題材から始めればいいかわからない」という方もいらっしゃると思います。朗読がよくわかっていない段階から、難しい題材をやってしまうと「難しい」という印象しか残らず、朗読の楽しさが実感できないかもしれません。大阪朗読教室講師が、これから朗読を始めたい方にどんな題材がいいかを紹介しています。

【初心者向け】楽しみながら朗読をする6のステップ

「朗読を始めたけれども、今一つ楽しめない」「朗読は難しい」などネガティブな印象をもっている方がいらっしゃるかもしれません。 そこで今日は、「楽しさがわからない」という方、まだ朗読をやったことがない方へ、どういうふうに「楽しくなっていくのか」をステップごとに楽しさランク★とともに大阪の朗読教室講師が紹介していきます。

語尾だけで朗読の印象を変えるコツ

朗読を行うときに、語尾に気を使っていますか?語尾の扱い方を意識的に変えることで、朗読全体の雰囲気を変えることができます。明るい雰囲気にしたい、暗い雰囲気を出したい、続きがあるような雰囲気を出したい、などを実は語尾で表現することができるのです。大阪の朗読教室講師が語尾の扱い方いろいろなパターンを音声付で紹介しています。

スポンサーリンク