平坦な朗読にめりはりをつけるコツ

スポンサーリンク

こんにちは!
朗読のコツを紹介しているさとうです。

朗読で「なんとなく言葉が流れている」「ひっかかりがない」
そんな悩みの方はいらっしゃいませんか?

私もどちらかというと「言葉が流れる」タイプです。

言葉が流れる、とは、きれいに読んでいるんだけど、「きれいに読むなぁ」という印象のみで
相手に言葉が届いている実感がない、そんな感じでしょうか。

ではひっかかりを持たせるためにはどうすればいいか、というと

1音目をしっかり出す。

過去記事でも1音目の重要性はお話をしています。
これであなたも朗読マスター!?
【上級者向】朗読での「硬い」「やわらかい」の読み方のコツ

1音目をもっと厳密にいえば、

スポンサーリンク




1音目の子音をしっかり出す。

蟹の握り飯を奪った猿はとうとう蟹に仇を取られた。蟹は臼、蜂、卵と共に、怨敵の猿を殺したのである。
猿蟹合戦 芥川龍之介

にの ぎりめしを ばった るは うとう にに たきを られた。
kanino nigirimesiwo ubatta saruha toutou kanini katakiwo torareta

音声を聞き比べてみてください。まずのっぺりしている読み方、次に上記太字の部分(KやTなど)子音を強めに出した読み方です。

今回は極端にしていますが、かなりハキハキした聞こえ方になると思います。
のっぺりしているなぁ、ひっかかりがないなぁと思うときは、ぜひ試してみてください。

ハキハキと言えば
過去記事で
歯切れよく朗読するコツ
があります。

こちらは「歯切れよく読むには語尾に注目!」としています。

印象を決めるのは語尾なの?語頭なの?と迷ってしまうかもしれませんが、語尾も語頭も、ともに印象をきめる重要な個所です。

★————————————★
管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

★————————————★
朗読個人レッスン受付中

発表会が近いので誰かにチェックしてもらいたい!
まわりから、アドバイスを受けるけれども、うまくならない!
いまよりうまくなりたい!
1回だけのレッスンだけど、「悩みが解決できた」と実感できるレッスンです。

スカイプを利用していない方のために、電話でのレッスンも行なっています。)ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。