朗読でひろがりを感じさせる読み方をするコツ

スポンサーリンク

朗読のコツを紹介しているさとうです。

朗読するときに
「風景が見えるように読みたい」とか
「情景がうかぶように読みたい」とか
思いませんか?

聞いた人が文章で書かれている情景を思い浮かべてもらえれば、いいですね!

そんなときに必要になってくるのは、奥行きです。
過去記事では
朗読の奥行きが出る読み方のコツ
でも紹介しています。

今日は「ひろがり」を感じさせる読み方のコツを紹介します。

あらゆる山が歓よろこんでゐる
あらゆる山が語つてゐる
「山の歓喜」河井 酔茗

「あらゆる山」と書かれているので、目の前のひとつの山ではなく、
目に見えている、あるいは日本全部?の山かもしれませんね。
要は、ひとつではない、ということです。

山は雄大ですし、広範囲です。
その状況を音声で表現するにはどうすればいいでしょう。

スポンサーリンク




ゆっくり読む

緩急ではいろいろなことが表現できます。
急いでいる、ゆっくりしている、焦っている、おっとりしている、など。

この場合は、雄大さを表現したいなら、ゆっくり読む、というのも一つの方法です。
速く読むと雄大さが感じられないですね。

高低差をつける

高低差をつけると、ひろがりがあるように聞こえます。
しかし、高低差をつける、というのは、なかなか難しいです。
ちょっと間違えると、しゃくったり、クサく聞こえたりしますので注意が必要です。

1音目を息を多めに読む

「あらゆる」の「あ」をしっかり発音するのではなく、息を多めに(無声化に近い感じ)で
読みます。
息を多めにして読むと、感情がこもっているように聞こえます。

息を多めに読むことに関しては
セリフに隠された感情を表現するコツ
【上級者向】朗読での「硬い」「やわらかい」の読み方のコツ
でも紹介しています。

では、次の音声をお聞きください。
ひとつめは普通に読んだもの、2つ目「ゆっくり」3つ目「高低差」4つ目「息の量」と続きます。

まとめ

ひろがりを持たせたいときは、
ゆっくり読む
高低差をつける
息を多めに
すると、ひろがりをもたせた読み方ができます。

ぜひ試してみてくださいね!

★————————————★
管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

★————————————★
朗読個人レッスン受付中

発表会が近いので誰かにチェックしてもらいたい!
まわりから、アドバイスを受けるけれども、うまくならない!
いまよりうまくなりたい!
1回だけのレッスンだけど、「悩みが解決できた」と実感できるレッスンです。

スカイプを利用していない方のために、電話でのレッスンも行なっています。)ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。