朗読発表会前日にしておいたほうがいいこと

スポンサーリンク

こんにちは!
朗読のコツを紹介しているさとうです。

発表会の前日、みなさんはどんなことをされていますか?
最後の追い込みで、苦手な部分を何度も読んだり、
もう少し工夫できるところはないか、と読み方を工夫してみたり、
逆に、前日はあえて練習しない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の場合、読みに関しては「苦手なところ」と「冒頭」を何度も繰り返します。

冒頭の重要性は
朗読の組み立て方の手順
朗読で1行目から気持ちをのせるコツ
で、紹介しています。

さて、前日の準備は「読み」だけで十分でしょうか?

発表会は人前でするものですよね。
ということは

「人からどう見られるか、どう見えるか」を事前にチェックしおくことも忘れてはいけませんね!

スポンサーリンク




本番通りの姿で朗読している様子を鏡に映す

本番通りとは

当日の洋服を着てみます。
次に、台本を手に持ち
マイクがあると仮定して立ちます。
そして、鏡(姿見)に向かって朗読をします。

その姿をチェックします。

チェックポイントは

顔が隠れるような位置に台本を持っていませんか?

台本を高い位置で持っていたり、台本が大きすぎると顔が隠れてしまいます。
聞き手の人に顔が見えるように台本を持ちましょう。

顔が横を向きすぎていませんか?

台本のほうばかり見ていると、正面から右側または左側に顔が
向いてしまいます。
常に前を向くことを意識しましょう。

まとめ

聞き手の人は、発表者のことを見ています。
「顔が隠れているなぁ」「横ばっかり向いてるなぁ」「洋服の肩ひもが
はずれかけてるなぁ」などが気になってしまうと
肝心の朗読に集中することができなくなってしまいます。

聞き手が朗読に集中できるようにするためにも

「聞き手から見える朗読者」がどういう状態か、を
事前に確認しておきましょう!

★————————————★
管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

★————————————★
朗読個人レッスン受付中

発表会が近いので誰かにチェックしてもらいたい!
まわりから、アドバイスを受けるけれども、うまくならない!
いまよりうまくなりたい!
1回だけのレッスンだけど、「悩みが解決できた」と実感できるレッスンです。

スカイプを利用していない方のために、電話でのレッスンも行なっています。)ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。