【朗読レッスン】人物像を想像し、読み方を変える

スポンサーリンク

1/29 フェーム朗読教室で、日曜日クラスのレッスンがありました。

今日のレッスンでは

「吾輩は猫である」に挑戦!

猫をどんな人物だと想像しますか?
想像する人物増によって読み方は変わってきますね。

「吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生まれたかとんとけんとうがつかぬ。

読み方が変わる、とはどういうふうに変わるのでしょうか

・声の高さが変わる
自信家、という想像なら、声が低い
おちゃらけている、という想像なら、少し高めの声

・スピードが変わる
プライドが高い、という想像ならゆっくり
講釈好き、という想像なら速い

・語尾が変わる
なげやり、と想像するなら、語尾はなげるように。

実際には、これら全部を組み合わせて読んでいきます。
関連記事:朗読の表現の幅を広げる読み方のコツ

想像することと、表現する事、朗読の醍醐味ですね!

いろいろな組み合わせを楽しんでください。

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

個人レッスン受付中(通信レッスンのサンプル音声も公開)

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク