【朗読レッスン】「~。が、~」をどう表現するか

スポンサーリンク

1/15(土)フェーム朗読教室で、日曜日クラスのレッスンがありました。

今日のレッスンでは

「~だった。が、~」

この「が、」をどう表現するか、をみんなで考えてもらいました。

例題

「春を感じることができた。が、~」

「が、」

さて、どう読みましょう。

「が、」が「しかし」に該当するのか、
「が、」が「また」に該当するのか
「が、」が「さらに」に該当するのか
「が、」が「そして」に該当するのか

などを考えます。

どの接続詞に該当するかを考えれば、おのずと読み方は変わってきますね。

接続詞をどう表現するか、によって朗読の聞こえ方は全く違ってきます。
朗読がうまく聞こえる読み方のコツ

いろいろな「が、」を試してみてくださいね。

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

個人レッスン受付中(通信レッスンのサンプル音声も公開)

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク