朗読が相手に「届く」か「届かない」かの違いは?

スポンサーリンク

朗読のイベントやサークル内の朗読の発表会など、大勢の前で朗読する場合、「伝わってくるなぁ」と感じるときと、「うまいんだけど、なんとなく伝わってこないなぁ」と感じるときがあります。

その違いはどこにあるのでしょうか。

今日は大勢の前で発表する時に、気を付けたいことを解説します。

スポンサーリンク




朗読は読み手と聞き手のコミュニケーション

朗読は一人で読みますが、「聞き手」がいます。
聞き手を忘れてしまっては、ただの独り言になってしまいます。

コミュニケーションとは
人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと
三省堂 大辞林

そうすると、朗読も「意思・感情を聞き手に伝えたい」わけですから、コミュニケーションになるのではないかと思います。

朗読もコミュニケーション、聞き手をいつも意識しましょう。

表情で聞き手を巻き込む

読み手の人がずっと原稿を見ていて、聞き手のほうに一度も目線を送らない、という方がいます。
聞き手としてはちょっとさみしい感じがします。

それに対して、何度も顔をあげて、視線を送ってくれたり、場面場面で表情が変わったりする読み手の人は、「もっと聞きたい」という気分にさせてくれます。

朗読は耳からの情報なんだから「表情なんか関係ない」という方もいらっしゃかもしれません。

しかし、喜んだり、悲しんだり、驚いたり、、を表情で表現すると、読み方もそれにつられて変わってくることもありますよね。

声を聞き手に向ける

原稿に向かって読んだのでは、聞き手はいないも同然でなってしまいます。
聞き手の人に向かって読む、ということを意識しましょう。

まとめ


朗読はコミュニケーション
顔をあげて表情をつける
声を前に向ける

朗読を上達させる近道で、「練習の練習」ではなく「本気の練習をする」を紹介しています。
本気の練習をするときは、今日紹介した「コミュニケーション」を意識してみてください。

ぜひ試してみてくださいね

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

個人レッスン受付中(通信レッスンのサンプル音声も公開)

////////管理人ひとりごと//////////////////
「聞かせ屋。けいたろう」さんの「読み聞かせ」を見てきました。
実は「読み聞かせ」初体験だったのです。
対象は幼稚園児ぐらいでしたが、オーバーな読み方は全くありませんでした。
もう単なる素読みに近い感じ。
なのに、絵本の絵にぐーーっと引き込まれていくんです。
絵に引き込まれていく感じがとても味わい深かったです。
あの本、手に取ってみたい!また行きたい!と思う公演でした
(2016.4.24記)
/////////////////////////////////////

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする