朗読をリズムよく読むコツ

スポンサーリンク

作品を読んでいくと、「リズムにのる」のが大事だということに気が付きます。
リズムにのれないと、かんだり、変な間(ま)ができたりします。

今日は、文章のリズムにのって読むコツを紹介します。

今日の題材です。

わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
「こころ」夏目漱石

スポンサーリンク




間(ま)を入れすぎるとリズムが狂う

次の音声をお聞きください。


単語ひとつひとつで間(ま)を入れています。

丁寧に読もう、ゆっくり読もう、と思っていると、このような「すべてを切って」読んでしまいます。
また、息が浅い方も、このような読み方になります。

切りすぎるとリズムが悪くなります。
それを改善する方法が次の方法です。

読点(、)を消して、一気に読む。

一気に読んでいる音声をお聞きください。


案外、一気に読んでも不自然ではないですよね。

ぶつぶつと切って読むより、一気に読んだ方が、リズムがよくなります。

切って読むのが癖になっている方は、一気に読む練習をするのもいいと思います。

さて、一気に読めば、リズムはよくなりますが、やはりちょっと速くなってしまいます。

では改善方法です。

意味のまとまりを考える

どこで区切るかは、意味のまとまりで考えます。
意味のまとまりについては過去記事でも紹介しています。
聞き手に正確に伝わる読み方のコツ
朗読で「まっすぐ読む」とは

わたくしは/その人を/常に先生と呼んでいた。/だから/ここでもただ/先生と書くだけで/本名は打ち明けない。
私は、こんな感じで区切ってみました。
では、少し区切った音声をお聞きください。

区切るだけではなく、「せんせい」という言葉は強調したいので、他の言葉よりゆっくり読んでいます。

言葉に緩急をつける

さきほどの音声は「せんせい」という言葉を強調したいと思い、ゆっくり読んでいますが、それほど強調できていません。

「ゆっくり」読むだけでは、「ゆっくり」になったことがわかりません。
「ゆっくり」がわかるのは、「速い」があってこそです。

では、次の音声をお聞きください。

速い・ゆっくりを混ぜる事で、リズムよく読むことができます。

まとめ

リズムにのって読むことができると、作品とシンクロしているようで本当に楽しくなってきます。
リズムにのるには
切りすぎない
一気に読んでみる
まとまりで読む
緩急をつける
という手順で試してみてください。

////////管理人ひとりごと//////////////////

記事の中で「息が浅い」というワードが出てきました。
実は私も「息が浅い」タイプです。
息が浅いと長い文章が読めなくて、苦労しています。
そのため、息を深くするためのストレッチなどがんばっています
(2016.3.26記)
/////////////////////////////////////

個人レッスン受付中(通信レッスンのサンプル音声も公開)

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。