【上級者向け】朗読の極意は”力を抜く”ことにあり!?

スポンサーリンク

「朗読を上手に読みたい」「わかりやすく読みたい」「表現豊かによみたい」などなど読み手の思いが強ければ強いほど、読むことに一生懸命になりがちです。

「伝えたい」思いが強いがゆえに、すべての言葉が強調されてしまったりします。

また、間(ま)や緩急、抑揚など全部考えながらやっているのに、なんとなく「いまひとつ」と感じる場合も、全部が同じ強さで読んでしまっているのかもしれません。
朗読でよく出てくる用語(2)

今日は、力を抜くとどういう効果があるのかを見てみましょう。

本日の題材です。

 吾輩は猫である。名前はまだ無い。
「吾輩は猫である」夏目漱石

まず音声をお聞きください。

間(ま)や緩急も使って読んでいますが、どの言葉も同じ力の入れ具合です。

スポンサーリンク




力を抜くとは

では、一部分を力を抜いて読んでみます。

いかがでしょう。自然な感じがするのと、聞いていて疲れない、また、立てたい言葉が強調しやすくなります。

私は「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」の文章だと「猫」だということは強調したいけれども「名前はまだない」というのは、それほど重要ではない、と思ったので、「名前はまだない」を力を抜いて読みました。

「名前はまだない」ことを強調したい人は、また読み方は変わってきます。

しかし、「猫」であることもいいたいし、「名前がない」ことも言いたい、となってしまうと、結局全部が同じ強さになってしまいますね。

そうなった場合は、「である」「まだ」などを力を抜いて読む、など、細かいところで変化をつけるようにしましょう。

しっかり読む・軽く読む

力を抜く、というのがイメージしにくい場合、違う表現で例えるなら「ここは軽く読む」とか「ここは捨てる」とかの表現でも効果は同じです。

強く読む・弱く読む

力を抜く、がわかりにくい場合は、強く読むところ、弱く読むところ、という考え方でもいいと思います。

まとめ

朗読を表現豊かにするために、対比(比較)が必要です。
速い・遅いや強い・弱いなどですね。
対比するには、極端な方が変化がわかりやすいです。
しっかり読む、力を抜く、これも極端にやったほうがより効果的です。

ぜひ試してみてください。

★————————————★
管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

★————————————★
朗読個人レッスン受付中(スカイプの代わりに電話でのレッスンもOK!)

発表会が近いので誰かにチェックしてもらいたい!
まわりから、アドバイスを受けるけれども、うまくならない!
いまよりうまくなりたい!
1回だけのレッスンだけど、「悩みが解決できた」と実感できるレッスンです。

詳細は「朗読個人レッスン」のページをご覧ください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする