朗読の基本とは何か

スポンサーリンク

「朗読の基本を教えてほしい」「基本ができていないからダメなんです」という声をよく聞きます。

今日は改めて「基本とは何か」を考えてみたいと思います。

「基本」という言葉を辞書で調べてみると

物事が成り立つためのよりどころとなるおおもと。基礎

では「基礎」を辞書で調べてみると

ある物事を成り立たせる、大もとの部分。

ということは、「成り立たせるもの」が基本のようです。

では、朗読を成り立たせるもの、とはいったいなんでしょう。

「声」「表現」の二つが朗読を成り立たせているもの、でしょうか。

「声」「表現」を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク




発声

「しっかりした声」「遠くまで届く声」が朗読にはなくてはならないですね。
そのような声を出すには、「腹式呼吸」や「お腹から声を出す」などの技術が必要です。

聞き取りやすい声

大きな声が出ても、聞き取れなければ残念な朗読になってしまいます。
聞き取りやすい声にするためには「滑舌」「無声化」「鼻濁音」「アクセント」などの技術が必要です。

表現力

声の表現

大きな声で滑舌がちゃんとできていても、棒読みでは朗読にはならないですね。
「間」「緩急」「抑揚」「卓立」などの技術が必要です。
これらについては
朗読の勉強でよく使う用語解説(1)
朗読の勉強でよく使う用語解説(2)
で、解説しています。

読解力

声がでて、聞き取りやすく、表現力があっても、文章の意味を正しく理解していなければ、聞き手の人に「間違えた情報」を伝える事になってしまいます。
作品内の文章の意味や、まとまりを理解する力、が必要ですね。

「まとまりで読む」などについては
聞き手に正しく伝わる読み方
朗読での間(ま)と緩急でこれだけ変わる
で紹介しています。

想像力

文章から状況を想像することによって、表現力を増すことができます。
想像する分量が少ないと、それだけ表現をつける部分が少なくなるため、朗読の良さを発揮しきれないですね。
想像する事でどんなふうに読み方が変わるかは
朗読でのセリフを表現するときコツ
朗読の奥行きが出る読み方のコツ
で、紹介しています。

まとめ

朗読の基本とは
・発声
・聞き取りやすい声
・声の表現
・読解力
・想像力

と、いうことでしょうか。

すべてが揃えば怖いものなしですね。

しかし、すべてができるようになるのは大変です。

そんなときはどうするか。

1度にすべてを意識するのではなく、意識するのはひとつに絞りましょう。

今日は鼻濁音を意識してみよう。
今日はお腹から声を出すのを意識してみよう。
今日は徹底的に想像してみよう。

などなど。

慣れてくればいつでも「考える」というくせがついてきて、朗読の上達へとつながっていくと思います。

ぜひ今後の練習の参考にしてくださいね!

バナー

※管理人の朗読に対する考え方は「はじめに」に掲載しています。

~~~~朗読・音声に関するご依頼受付中~~~~~~~
朗読を勉強したいけど、近くに教室がないという方
人に頼まれて朗読をしないといけなくなって困っている方
イベントで朗読が必要なかた
音声の録音物が必要な方
、などお気軽にお問い合わせからお問い合わせください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。